イタリア旅行 ~美術品編 ~
こんばんは
3回に渡ってお届けしている
イタリア旅行ですが
今回は 私的『美術品』ベスト3のご紹介
美術館や教会 礼拝堂など回った中で
ぐっと魅かれたものをご紹介


第3位!
ダビデ像(フィレンツェ・アカデミア美術館)

f0233034_2120665.jpg


本当は「NO PHOTO」だったのですが
知らずに撮って 後で怒られました(苦笑)
ダビデは かなり見上げるほど大きいです
想像よりかなり大きい
ミケランジェロが3年かけて彫り起こしたらしいですが
よく3年でできたなーと思うほどの大きさです
レプリカは沢山ありますが 本物は必見です
※フィレンツェでは ダビデのフィギュアが沢山販売しており
もちろん我が家も1体+スノードームを購入




第2位!!
最後の審判(ローマ バチカン市国内 システィーナ礼拝堂)

f0233034_21285310.jpg


残念ながら 撮影完全不可でした
係員さんが何名もいて ギロリと目を光らせております
(なのでバチカン市国入口写真掲載)

こちらもミケランジェロの作品
壁一面に描かれた 大きな大きな最後の審判
見た瞬間 「うわっ」と思わず出てしまうくらいの迫力
そのほかの壁にも 無数の絵が描かれてあり
かなりの迫力の光景・・・ミケランジェロって
ものすごいコツコツ派なのねと変なところで感動




そして第1位!!!
最後の晩餐(ミラノ・サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院)

f0233034_2136138.jpg


これも残念ながら撮影不可
というか 入場制限も半端なく25人までで
勿論完全予約制
しかも15分しか見られません
この希少さが さらなる感動を呼び起こすと実感

何回か違う部屋へ通され(じらされ・笑)
ついにガラス扉が開かれ!ご対面!
思わず涙しそうになりました(ホント)
絵は本当にかすれかすれで 痛みっぷりがすごいですが
(これでもかなりの修復をしてるそう)
やっぱり圧倒的な存在感 特別感がありました
これだけの為に ミラノに行くものおかしくいないくらいです

今回は 日本から直接予約はもうすでにいっぱいだったので
イタリアのツアーを予約して見ることができました
当然説明はイタリア語+英語
この時ほど 英語をちゃんとやろうと思ったことはありません(泣)
でも事前に勉強していたので 特にわからないこともなく・・・
でももう少し見ていたかったです
(画像はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道)







次回は『ピッツァ編』!


sano kasumi
[PR]
by sanokasumi | 2010-11-15 21:48 | デイリー
<< イタリア旅行 ~ピッツァ編~ イタリア旅行 ~建物編~ >>